ツェねずみ

  • by

【原作の内容】
「まどっておくれまどっておくれ」いつだって、そいつがいうのは、そればかり。
わるいことやいやなことは、ぜんぶだれかのせいにする。
どんなにしんせつにされたって、ありがたいなんておもわない。
そう、それがそいつさ―ツェねずみ。そんなツェねずみが、さいごに、どんなめにあったかって?それはね…。

  • 原作:宮沢賢治
  • 出版:韓国ハンソル社